RGザク サフ吹き前 #15

まずは斜め上からの全体像。

今回、素立ちがカッコよい感じにしたかったのですがいい感じかなと。

あとは武器ですが、まだどうするかが決め切れておらず悩み中です。

RGザク 足首 #14

足首の隙間が気になったので

装甲が重なるイメージで隙間を埋めてみました。

横の大きな隙間はエポパテで。

つま先はプラバンで埋めています。

結構いい感じ♪

他にはモールド追加したり・・・

金属パーツでディティールアップする部分を準備してみたり・・・

塗装まであと少しといったところでしょうか?

武器がまだ手付かずだけど(笑)

RGザク 動力パイプ #13

ようやくただひたすらに面倒な動力パイプの加工が終わりました。

溝を掘り、段差を作る作業をひとつづつ・・・

面倒ですが効果はあったと思います。

ちなみに加工中はこんな感じ。

みぞ彫りはエッチングソーとケガキ張り、三角ヤスリで行い

そこからペーパーで段を作ります。

ここから表面を整えていきました。

そして頭はこんな感じです。

後頭部にはアルミパイプでアンテナディテールを追加。

いい感じです♪

RGザク スカートアーマー #12

スカートアーマーを延長してみました。

上下に1.5mmほどプラバンを挟み込んで延長しています。

後ろ側は接続位置を変更してスキマをつくることで延長。

横のアーマーとラインがつながる様にしています。

フロントは上部と下部が斜めにつながる様に、

そして少しだけスキマを作ってみました。

全体のバランスを確認してみると結構イイ感じ♪

斜めの角度から

これも悪くないですね

後ろ側、バックパックがインパクト大ですが

塗装したら少しなじむでしょう。

この後、細部にデティールを追加していく予定です。

あと、動力パイクの表面処理+モールド彫直しかなw

RGザク 脚部 #11

脚はそれほど手をいれないつもりだったんですが・・・

まずはスソの部分、1.5mmほど短くしてから0.3mmのプラ版を張り付けて

エッジを整えてみました。

続いてスネ、前に1mmほど張り出すようにしてみました。

膝アーマーを上に延長、また関節部分を1mmほど上に伸ばしています。

ふともも上部の装甲は少しだけスキマが出来るように削り込み。

で、全体としてはこんな感じです。

スネが長く見えることで関節位置を

変更せずに思っているイメージに

近づけることができました。

結構よいのでは? と思っております。

RGザク バックパック #10

全体的にモールドはしっかりあるとは言え

やはりザクですので形状はアッサリしてます。

何か見せ場が欲しいということでバックパックは派手目にいってみました。

まずはプラバンでヒートシンクのようなパーツを作成。

真ん中に取り付けてみます。

※ピンボケですいません。

外装部を切り欠いて、さらにフィンを作ってあげます。

プラバンで枠どりされているのは直線をきちんと出してあげるためです。

で外装をつけるとこんな感じ。

情報量が増えて線もつながってで気持ち良い♪

あとはメタルパイプとかでビシッとさせてあげようと思ってます。

RGザク 腕 #09

続いて腕の加工です

この隙間がどうにも嫌な感じ、中の軸が丸見えになってしまいます。

一体になるように袖部分を接着してみました。

同時に少しだけ延長してます。

手首のカバーもプラバンで形状を変更。

肘内側に隙間があった部分も埋めてみました。

この後、穴あけしてディテールを追加していく予定。

RGザク フロントアーマー #08

フロントアーマーの形を加工します。

こんな感じで上方向に延長し形を整えてみました。

フロントアーマーは左右で0.8mmづつ幅増ししています。

※ポロリ防止を兼ねてます。

組みあがるとこんな感じ。

サイドアーマーから自然な線でつながるように形状を変えてみました。

同時にお腹も装甲が重なるようにしています。

RGザク 右肩アーマー #007

特に大した話でもないのですが・・・

こんな風に取り付け部分を拡げてみました。

なんの為かというとですね

この様に少しですが軸で回転できるようにするためです。

この効果として

より右肩のシールドで表情をつけれるようになるのです。

前から見た場合、ハの字に見えるような角度をより強調できるわけですね。

自分では「いいじゃん!」なのですがかなり地味ですね・・・

RGザク スパイクアーマー #006

左肩のスパイクアーマーを加工していきます。

まずは内側のピンを削り取ります。

続いて二重構造にするために 外側のスパイク基部を拡げていきます。

プラバンで芯を作成、エポパテでスパイクを新造します。

イイ感じ♪

スパイクは3つ必要なのでレジンで複製します。

基部をエポパテで作成してバランスを確認、イイ感じですね。

2重構造とシャープなスパイクでカッコよくなったと自画自賛♪

この後、表面処理をする予定。

少し大きく感じるのでひょっとしたらエッジを少し削りこむかもです。