Chief engineer's log

MILES DAVIS:STAR PEOPLE

A1.COME GET IT A2.IT GETS BETTER A3.SPEAK B1.STAR PEOPLE B2.U’N’I B3.STAR ON CICELY MILES DAVISです。 1983年のアルバム。 SolidなDrumとBassでJazz Funkっ!ってニオイがムンムンの 「COME GET IT」 ゆったりとしたスロウな展開と都会的な雰囲気に淡々と絡んでくるDrumが気持ち良い 「IT GETS BETTER」 吠えるJazz FunkなJohn SchofieldのSOLOがかっこよい 「SPEAK」 メロウなスロウ・ブルース、Miles Davisの甘いメロディが心地よい 「STAR PEOPLE」 散歩してるみたいなBassと軽快なメロディが楽しい...

LARRY CORYELL:EUROPEAN IMPRESSIONS

A1.TORONTO UNDER THE SIGN OF CAPRICORN A2.FOR PHILIP AND DJANGO A3.RODRIGO REFLECTIONS B1.APRIL SEVENTH B2.SILVER MEDLEY: A. SONG FOR MY FATHER B. SISTER SADIE B3.COPENHAGEN IMPRESSIONS B4.VARIATIONS ON A THEME LARRY CORYELLです。 1978年のアルバム 速いアップダウンのメロディからしっとりとしたメロディへと繋がっていく...

PRINCE:SIGN ‘O’ THE TIMES

A1.SIGN ‘O’ THE TIMES A2.PLAY IN THE SUNSHINE A3.HOUSEQUAKE A4.THE BALLAD OF DOROTHY PARKER B1.IT B2.STARFISH AND COFFEE B3.SLOW LOVE B4.HOT THING B5.FOREVER IN MY LIFE C1.U GOT THE LOOK C2.IF I WAS YOUR...

FUNKADELIC:ROCKY MOUNTAIN SHAKEDOWN

A1.GET OFF YOUR ASS AND JAM A2.STARCHILD MOTHERFUCKER A3.CHILDREN OF CIRCUMSTANCES/DR. FUNKENSTEIN B1.HIT ME WITH YOUR RHYTHM STICK B2.SHE’LL BE COMING ‘ROUND THE MOUNTAIN B3.WE WANT THE FUNK, BITCH C1.JUNGLE STOMP/COSMIC SLOP C2.RED HOT...

JEFFERSON AIRPLANE:TAKES OFF

JEFFERSON AIRPLANEです。 1966年の1stアルバム。 A1.BLUES FROm AN AIRPLANE A2.LET ME IN A3.BRINGING ME DOWN A4.IT’S NO SECRET A5.TOBACCO ROAD B1.COME UP THE YEARS B2.RUN AROUND B3.LET’S GET TOGETHER B4.DON’T SLIP AWAY B5.CHAUFFEUR BLUES B6.AND I...

JEFFERSON AIRPLANE:THIRTY SECONDS OVER WINTERLAND

A1.HAVE YOU SEEN THE SAUCERS A2.FEEL SO GOOD A3.CROWN OF CREATION B1.WHEN THE EARTH MOVES AGAIN B2.MILK TRAIN B3.TRIAL BY FIRE B4.TWILLIGHT DOUBLE LEADER JEFFERSON AIRPLANEです。 1973年のライブアルバム。 じわじわとしみ込んでくるような一曲 「HAVE YOU SEEN THE SAUCERS」 BLUES調で甘ーい、艶っぽいボーカルと切れの良いリフが気持ちいい...

WEATHER REPORT:MR.GONE

A1.PURSUIT OF WOMAN WITH THE FEATHERED HAT A2.RIVER PEOPLE A3.YOUNG AND FINE A4.THE ELDERS B1.MR.GONE B2.PUNK JAZZ B3.PINOCCHIO B4.AND THEN WEATHER REPORTです。 1978年のアルバム。 SYNTY系の音色が色彩豊かに重なっていくいかにもJoe Zawinulな 「PURSUIT OF WOMAN WITH THE FEATHERED HAT」 タイト目なDrumとPopなSynthBassでスペーシーな拡がりが感じられる 「RIVER...

JEFF BECK:THERE AND BACK

A1.STAR CYCLE A2.TOO MUCH LOSE A3.YOU NEVER KNOW A4.THE PUMP B1.EL BECKO B2.THE GOLDEN RORD B3.SPACE BOOGIE B4.THE FINAL PEACE JEFF BECKです。 1980年のアルバム。 Jan Hammerらしいフレーズの繰り返しが中毒になる 「STAR CYCLE」 少しゆっくりなテンポにゆったりFusionっぽいGuitarが心地よい 「TOO MUCH LOSE」 Synth Bassから始まるイントロがすごくかっこいい 「YOU...

TNG:EP001:ENCOUTER AT FARPOINT:PART7

Qから逃げるエンタープライズ! しかしジリジリと追いつかれます。 いよいよ円盤部の分離っ! Picard:Note in ship’s log that at this startime I’m transferring command to the battle bridge. 「これより指揮を戦闘ブリッジへ移す」 Picard:Preparing to detach saucer section so that families and majority of the ship’s company can...

TNG:EP001:ENCOUTER AT FARPOINT:PART6

さてQにくそみそにいわれっぱなしのPicard艦長。 このままストーリーに沿っていくのもまぁいんですが ここは次のシーンまで一気にいきましょう。 思わせぶりなセリフを残しQが去ったあとですね。 Picard:Let’s see what this Galaxy-class starship can do. まずは決意表明ですね 「ギャラクシークラスの宇宙船に何ができるか見せてやろう!」 Picard:Lieutenant, inform Engine room to prepare for maximum accelation. 「エンジンルームに全速の準備をするように」 そして最大の見せ場、円盤部の切り離しにつながる Picard:Records Serch, Data. Picard:Resault of detaching saucer section at...